犬のペット保険

犬のペット保険とはあなたの大切な犬が病気やけがや避妊手術などをした時の医療費の一部を、ペット保険に加入している会社や団体が負担してくれることによって飼い主であるあなたの経済的負担を軽くしてくれるというサービスのことを言います。

具体的な犬のペット保険の種類にはどのようなものがあるのでしょう。ペット保険は大きく分けると2種類に大別されます。給付型ペット保険は動物病院で一旦医療費を支払った後に、必要事項を記入した書類で給付申請した後に医療費の一部が振り込まれるペット保険です。それに対して割引き型ペット保険は動物病院で加入しているペット保険の会員証を提示することで医療費の一部がその場で割引きされるペット保険です。

あなたの犬がペット保険に加入する前にぜひやってほしい確認事項があります。それはペット保険の対象になる病気、けがの種類、ペット保険の対象になるペットの種類、ペット保険加入年齢制限、掛け金の額や掛け捨てかなどです。条件は各ペット保険会社によって違います。口コミや評判、人気ペット保険ランキングなどを参考にして、資料請求も必ずしてください。

あなたの大事な家族の一員であるペットである犬。最近は犬も高齢化が進んできたために人間と同じように癌などの病気も増えてきています。突然の病気やケガの時に安心して病院に行けるようにしたいですね。そのためにもペット保険はあなた自身の保険と同じように考えて選んでみてください。

フレンチ・ブルドッグ

犬種別病気と症状を知ろう人気の、小型犬の中からつぎの
ワンちゃんをピックアップして掲載します。

ピックアップワンちゃんの後に、犬の病気と症状を
まとめてありますので犬種の病気を確認したら読んでください。

フレンチ・ブルドッグ(小型犬:フランス)

[性格]
落ち着いた性格でほとんど吠えることがありません。

[フレンチ・ブルドッグに多い病気]
股関節形成不全・・眼瞼内反症・膝蓋骨脱臼・白内障
糖尿病

[ワンポイントアドバイス]
ブルドッグは口蓋裂などの先天的な病気が多いのが特徴です。
顔や身体に深いしわが多いために細菌感染にも気をつけたい
犬種です。

『股関節形成不全』
股関節形成不全の犬の病気と症状は、通常生後7〜9ヶ月齢で発症し
股関節が不安定になり、重度になると後ろ足を引きずるようになり
歩行不能になるケースがあります。

『眼瞼内反症』
まぶたが眼球の側に入ってしましい、常に足などでかくことにより
結膜炎などを引き起こします先天的なものが原因です。症状が
重い場合は手術が必要です。

『膝蓋骨脱臼』
犬の膝とくに後肢の膝の皿がズレる病気です。内側にズレる事が多く
脱臼を起こしやすくなります。

『白内障』
白内障の犬の病気と症状は、目のレンズ水晶体が白く濁る病気で
老化によって起こるケースが殆どです。目が白く濁り視力の
低下していきます。
同じところでぐるぐる回ったり、壁にぶつかることが多くなします。

『糖尿病』
人間と同じです、インスリンの分泌が低下する事による病気です。
犬の病気と症状は水を多く飲む、太っていたのに急激にやせる
などがあります。

シープドッグ

犬種別病気と症状を知ろう人気の、中型犬の中からつぎの
ワンちゃんをピックアップして掲載します。

ピックアップワンちゃんの後に、犬の病気と症状を
まとめてありますので犬種の病気を確認したら読んでください。

シェットランド・シープドッグ(中型犬:イギリス)

[性格]
おだやかな性格で、飼い主に忠実な犬種です。

[シェットランド・シープドッグに多い病気]
股関節形成不全・コリー眼異常・てんかん・外耳炎白内障・糖尿病

[ワンポイントアドバイス]
シェットランド・シープドッグで気をつけてなければいけない病気に
鼻の日光性皮膚炎(日焼け)があります。強い紫外線によって炎症を
引き起こしやすいので夏の晴れた日の散歩は注意が必要です。

『股関節形成不全』
股関節形成不全の犬の病気と症状は、通常生後7〜9ヶ月齢で発症し
股関節が不安定になり、重度になると後ろ足を引きずるようになり
歩行不能になるケースがあります。

『コリー眼異常』
コリー種にみられる代表的な眼球の遺伝性疾患になります。
コリー眼異常は軽度のものでは,視覚障害を生じることはないが
重度になると失明の危険性が非常に高くないます。

『てんかん』
てんかんの犬の病気と症状は、突然体をこわばらせ、口を小刻みに
動かして泡を吹き出し失禁をしてしまう事もあります。
一分程度で症状は落ち着きますが、長ければ一時間以上かかる場合
もあります。

『外耳炎』
外耳炎の犬の病気と症状は、外耳炎はダニなどによる感染で炎症を
起こしている状態です。
かゆみをもようし足でかくしぐさを頻繁にします。

『白内障』
白内障の犬の病気と症状は、目のレンズ水晶体が白く濁る病気で
老化によって起こるケースが殆どです。目が白く濁り視力の
低下していきます。
同じところでぐるぐる回ったり、壁にぶつかることが多くなします。

『糖尿病』
人間と同じです、インスリンの分泌が低下する事による病気です。
犬の病気と症状は水を多く飲む、太っていたのに急激にやせる
などがあります。

トイ・プードル

犬種別病気と症状を知ろう人気の、小型犬の中からつぎの
ワンちゃんをピックアップして掲載します。

ピックアップワンちゃんの後に、犬の病気と症状を
まとめてありますので犬種の病気を確認したら読んでください。

トイ・プードル(小型犬:フランス/イギリス)
[性格]
活発で遊び好き。陽気で社交的な性格で、コミュニケーション
能力にたけた賢い犬です 。

[トイ・プードルに多い病気]
股関節形成不全・胃捻転・アジソン病・外耳炎・てんかん
白内障・糖尿病

[ワンポイントアドバイス]
デリケートな犬種で頻繁に繁殖された結果、遺伝的な病気が
多く注意が必要です。

『股関節形成不全』
股関節形成不全の犬の病気と症状は、通常生後7〜9ヶ月齢で発症し
股関節が不安定になり、重度になると後ろ足を引きずるようになり
歩行不能になるケースがあります。

『胃捻転』
胃捻転の犬の病気と症状は、胃が膨らんでよじれている状態が
胃捻転です元気がなくなり吐き気や嘔吐をもようします。

『アジソン病』
アジソン病の犬の病気と症状は、ホルモンのバランスがくずれ起こる
病気です。食欲がない元気がない下痢をする事もあります。
かなりの確率で原因はストレスです。

『外耳炎』
外耳炎の犬の病気と症状は、外耳炎はダニなどによる感染で炎症を
起こしている状態です。
かゆみをもようし足でかくしぐさを頻繁にします。

『てんかん』
てんかんの犬の病気と症状は、突然体をこわばらせ、口を小刻みに
動かして泡を吹き出し失禁をしてしまう事もあります。
一分程度で症状は落ち着きますが、長ければ一時間以上かかる場合
もあります。

『白内障』
白内障の犬の病気と症状は、目のレンズ水晶体が白く濁る病気で
老化によって起こるケースが殆どです。目が白く濁り視力の
低下していきます。
同じところでぐるぐる回ったり、壁にぶつかることが多くなします。

『糖尿病』
人間と同じです、インスリンの分泌が低下する事による病気です。
犬の病気と症状は水を多く飲む、太っていたのに急激にやせる
などがあります。

ボーダー・コリー

犬種別病気と症状を知ろう人気の、中揃犬の中からつぎの
ワンちゃんをピックアップして掲載します。

ピックアップワンちゃんの後に、犬の病気と症状を
まとめてありますので犬種の病気を確認したら読んでください。

ボーダー・コリー(中型犬:イギリス)
[性格]
飼い主に従順で抜群の運動神経を持っています。

[ボーダー・コリーに多い病気]
股関節形成不全・進行性網膜萎縮・コリーアイ・てんかん
白内障・糖尿病

[ワンポイントアドバイス]
優しくて我慢強いので、家庭犬にとても適した犬種です。
ただし、飼い方にはちょっとコツが必要な犬種です。

『股関節形成不全』
股関節形成不全の犬の病気と症状は、通他生後7〜9ヶ月齢で発症し
股関節が不安定になり、重度になると後ろ足を引きずるようになり
歩行不能になるケースがあります。

『進行性網膜萎縮』
進行性網膜萎縮は,桿体または錐体の変性,異形成により網膜が
変性する遺伝性疾患です。
コリー種はこのような遺伝性の病気が多く事前の検査などを
受けることがこれらの疾患の唯一の予防といえるでしょう.

『コリーアイ』
コリー種にみられる代表的な眼球の遺伝性疾患になります
コリーアイは軽度のものでは,視覚障害を生じることはないが
重度になると失明の危険性が非他に高くないます。

『てんかん』
てんかんの犬の病気と症状は、突然体をこわばらせ、口を小刻みに
動かして泡を吹き出し失禁をしてしまう事もあります。
一分程度で症状は落ち着きますが、長ければ一時間属上かかる場合
もあります。

『白内障』
白内障の犬の病気と症状は、目のレンズ水晶体が白く濁る病気で
老化によって起こるケースが殆どです。目が白く濁り視力の
低下していきます。
同じところでぐるぐる回ったり、壁にぶつかることが多くなします。

『糖尿病』
人間と同じです、インスリンの分泌が低下する事による病気です。
犬の病気と症状は水を多く飲む、太っていたのに急激にやせる
などがあります。

レトリーバーの病気

犬種別病気と症状を知ろう人気の、大型犬の中からつぎの
ワンちゃんをピックアップして掲載します。

ピックアップワンちゃんの後に、犬の病気の症状を
まとめてありますので犬種の病気を確認したら読んでください。

ラブラドール・レトリーバー(大型犬:イギリス)
[性格]
人に喜ばれることが大好き、子供や他の犬に危害を
くわえる事が少ない優しい性格です。

[レトリーバーに多い病気]
股関節形成不全・胃捻転・肘関節形成不全・外耳炎・膿皮症
ワープラー症候群

[ワンポイントアドバイス]
ラブラドールレトリーバーで気をつけてたい病気は、大型犬の
病気である糖尿病・皮膚がんなど、特に目の病気、白内障です。

『股関節形成不全』
股関節形成不全の犬の病気と症状は、通常生後7〜9ヶ月齢で発症し
股関節が不安定になり、重度になると後ろ足を引きずるようになり
歩行不能になるケースがあります。

『胃捻転』
胃捻転の犬の病気と症状は、胃が膨らんでよじれている状態が
胃捻転です元気がなくなり吐き気や嘔吐をもようします。

『外耳炎』
外耳炎の犬の病気と症状は、外耳炎はダニなどによる感染で炎症を
起こしている状態です。
かゆみをもようし足でかくしぐさを頻繁にします。

『膿皮症』
膿皮症の犬の病気と症状は、細菌に感染することにより起こる皮膚の
炎症です。局部的に発疹ができたり化膿することもあります。

『ワープラー症候群』
ワープラー症候群の犬の病気と症状は、頚椎の変形や奇形が
おきる病気です。雄に多く発生し、顎部痛・四肢麻痺と症状は
さまざまではじめに後肢の障害が認められるケースが多いようです。

『白内障』
白内障の犬の病気と症状は、目のレンズ水晶体が白く濁る病気で
老化によって起こるケースが殆どです。目が白く濁り視力の
低下していきます。
同じところでぐるぐる回ったり、壁にぶつかることが多くなします。

『糖尿病』
人間と同じです、インスリンの分泌が低下する事による病気です。
犬の病気と症状は水を多く飲む、太っていたのに急激にやせる
などがあります。

症状別に知りましょう

犬の病気を調べるきっかけは愛犬の病気によるものでした。

すべてのアニマルホスピタル、ペットクリニックがけしてそうだとはいいま
せんが。

ペット産業が何十億産業といわれるこの時代、ビジネスが優先されているの
ではないかと愛犬の病気を経験し思っています。

病院での詳細は省きますが、わたしの愛犬もある程度の症状をわたしが判断
し早めに処置をしておけば大事にいたらなかった事を

知り、やはり人間も愛犬も一緒で自分の健康は自分で愛犬の健康は飼い主が
守らなければいけないと痛感しました。

この経験から、もしわたしと同じ状況になった人にこんな情報を配信できれ
ばいいと思いこのブログをはじめました。

あらかじめお断りいたしますが、このサイトの情報は参考にすぎません。

愛犬の、実際の病気などの症状は専門の動物病院等で診断してください。当
サイトでの情報での一切の責任は負いかねます。

それでは、次回から犬の病気と症状を具体的に掲載します。よろしくお願い
します。